検証~不思議な噂話はどうなの!?

○○について、調べてみました!


スイカやブドウの種を飲み込むと盲腸になる?

昔スイカの種を飲み込んだら盲腸(虫垂炎)になると言われた事がある。
論理的に考えると、スイカとかブドウの種を飲み込んだことが原因で、盲腸(虫垂炎)になる事は理論上はあり得るらしいんですが、実際に果物の種を飲み込んだ事で虫垂炎を起こしたという報告例が無い事から、全くの迷信だと言われています。

 watermelon.jpg

しかしなんでこの説が広まったのかというと、「虫垂炎というのは盲腸の端に位置する小指ほどのサイズの突起部分が、嫌気性菌と好気性菌の複合感染によって炎症を起こす症状の事で、その原因の多くが、盲腸の管が糞石によって詰まってしまう事で発生すると言われています。

糞石とはウンチや粘液が固まった物質で、これが盲腸の管を詰まらせる事で、感染症を起こす訳ですが、この理屈から考えるとピーナッツや果物の種が完全に消化しきれず、盲腸の端の部分に紛れ込めば、管をつまらせる原因には十分あり得ると言います。

しかし糞石が虫垂炎の原因になるなら、果物の種に限らず、様々な未消化の食物が同じ症状を引き起こす事は、理論上あり得るんだけど、可能性としてはかなり低いので、神経質になる必要は無いと考えられています。

じゃあ、スイカとかブドウの種が原因ではないとしたら、一体何が原因なのだろうか?

細菌やウイルスが虫垂に感染する事が原因で起こる事もあったり、便が石のようになった糞石が虫垂につまる事が一般的みたいです。

それ以外には、暴飲暴食や過労・ストレス、便秘が原因で起こると言われていて、精神的なストレスや疲労は、身体の自己免疫機能を低下させる事によって、細菌が繁殖しやすい状況が出来上がり、白血球の一種の好中球が増えます。

この好中球は細菌と闘ってくれる味方ですが、増えすぎると活性酸素をたくさん放出し、それによって細胞がダメージを負ってしまいます。

このストレスによって胃潰瘍になるのも、虫垂炎が起こるのも、この好中球の増加が原因だと考えられています。



色のついた汗

青い汗が出たとか、緑色の汗が出たなんて話を聞いた事があるけど、あれは何なんだろうか?

色のついた汗は必ずしも病気で出るものとは限らず、黄色い汗はアポクリン腺から老廃物を多量に含んだ汗が出ているケースだと言われていて、この黄色い汗には脂肪などを含んでいる為、黄ばんで見えて黄色い汗になると言われています。

shia.jpg

この他にも非常に稀だけど条件が整えば汗が青や緑に見える事があるという。
こういった色のついた汗が出る症状を色汗症と呼ぶらしく、緑膿菌という菌が、高温多湿などの条件によって過剰に繁殖した部位では、汗が緑色に染まる事があるみたいで、飲み水などを経由して銅を体内に摂取したり、体に付着した場合、汗に混じったその成分が、洗濯洗剤などに反応し青銅色になる事があるらしく、この事で汗が青く変色する事もあるみたいです。

この緑や青の汗は、体内から緑や青に分泌されているのではなく、排出されたあとに汗のたまる部分が高温多湿になる事で、銅が錆びて色がついて見えるという現象のようです。

緑膿菌自体は、自然界に普通に存在しているものなので、こうした状況が引き起こされる可能性は稀にありうるみたいです。

そして青い汗は昔の銅山の労働者など、銅が体内に取り込まれる可能性の高い職業の人には、起こり得る事で、現在でも水道施設が古く、流れ出た銅成分を知らずに経口摂取したり、入浴したりした場合、脇の下に染みた汗の青さに驚くような事があり得ると言います。

あとは病気で汗に血液が混じった場合は、汗の色が赤くなると言われているので、赤い汗が出る人もいると言います。

ちなみにカバは血のような赤い汗をかくし、カモシカは青い汗をかくそうです。

人間の汗の役割は体温調節ですが、カバの汗は皮膚の乾燥を防ぎ、皮膚をのひび割れを予防する為に汗をかくようです。



落花生のパワー

友達が落花生の産地の八街市出身なんで、よくお土産でピーナッツ味噌を貰っていて、自分はピーナッツ味噌が全く食べれないんだけど、家に持って帰ったら、家族には好評で、今でもスーパーで買って毎日食べている。

落花生と言えば「節分」とか「お酒のおつまみ」のイメージが強いけど、実はもの凄い健康効果が期待出来る食品だと言われている。

weight.jpg

落花生には、実は多くの栄養素が詰まっているらしく、ビタミンB2をはじめ、体の抵抗力を高めてくれるアルギニンも多く含まれているそうです。
また、抗がん作用や美肌効果があると言われていて、近年では認知症予防の可能性があると、研究が進められている成分「レスベラトロール」が多く含まれている事で注目されています。

赤ワインにも多く含まれているポリフェノールの一種であるレスベラトロールが、落花生の表面に薄く覆われている渋皮に多いので、この渋皮は剥かずに食べるのがオススメだと言われています。

ナイアシンと呼ばれるビタミンB3も、落花生に多く含まれていて、二日酔いや悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれるみたいです。

そして落花生には利尿作用があってアスパラギン酸も含まれているので、お酒のおつまみで落花生を食べる事は、理に適っていると言われています。もちろんこの効果はダイエットにもつながるので、是非食べてほしいです。

落花生は脂肪分が多いイメージもあるけど、実はごはんなどの炭水化物と比べて、落花生は食べても血糖値の上昇が緩やかな事で知られているので、太りにくい食品だと言われています。

しかし食べ過ぎは良くないと言われているので、1日に食べる目安は20~30粒が良いみたいです。

煎り落花生は未開封なら約3カ月は保存出来る食品なので、是非おつまみにおやつに落花生を食べましょう!



砂糖中毒

体が甘いものを欲しているという事で、ついつい甘いものを食べてしまう人は多い。
特に仕事中に必ずお菓子を食べながら作業する人も多く、甘いものを食べるとスッキリ落ち着く人の多くは、もしかしたら砂糖中毒に陥っているかもしれないという…

cake.jpg

というのも精製された砂糖には中毒症状というか、依存症を招く可能性があるものがあるらしく、砂糖だけでなく、白米や油なども同様に、精製されると不純物が取り除かれる事によって、自然界ではありえない純度の高い状態で体内に取り込まれる事から、中毒症状が起こると言われています。

脳の中では報酬回路という部分が動く事で、心地良い気分になっている時に働く回路の為、脳がその状態を求めて中毒性を高めてしまうと言われています。

海外で行われたラットにジャンクフードを食べさせる実験を行ったところ、たちまち中毒になって太り始めたと言われていて、解剖してみたところ、幸せを感じるホルモン「ドーパミン」が効かない状態になっていて、何事にも満足出来ない脳になってしまっていたと言います。

こういった中毒状態から抜け出すには、一時的に砂糖の摂取をやめるしか方法は無く、1週間など期限を決めて糖分を絶つ事で、砂糖中毒から抜け出す事は可能だと言われています。

砂糖依存症に陥ると体内でAGEsという物質が増えるので、体内が老化しやすくなると言われています。

AGEsが増えると、肌にはシワやシミが増えるだけではなく骨や内臓も老化するので、全身に大きなダメージを受けます。

また、中毒状況で砂糖の摂取量がどんどんエスカレートしていったり、麻薬などを摂取した時と同様の離脱症状が脳に起こるので、砂糖中毒がどんどん深刻になっていきます。

甘いものを毎日食べちゃってしまっている人は、これを機に少しづつでも甘いものを控えていく癖をつけると良いと思います!